トップページ > 地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事


image_pdf

こんな時はご相談下さい

地デジ放送の映りが悪い地デジアンテナ工事

  • 地デジ対応テレビに変えたので、地デジアンテナ工事をしてほしい
  • ケーブルテレビの地デジだと高いので地デジアンテナにしたい
  • 地デジ放送の映りが悪い

2011年7月にアナログ放送が終了し、全て地上デジタル放送に切り替わる予定です。

まだ地デジ対応にしていないという方、地デジアンテナの取付は、当社にお任せ下さい。

また、地デジ放送が見られるからケーブルテレビを入れたけど、月々の支払いが発生するので、アンテナに代えたいという方、またアンテナ取り付けたけど映りが悪いという方もぜひご相談下さい。

アンテナ工事に必要なもの

地上デジタル放送を受信するためのアンテナです。

極超短波(ごくちょうたんぱ、UHF:Ultra High Frequency)を受信するためのアンテナです。

極超短波とは、周波数300MHzー3GHzの極超短波帯の周波数の電波をいいます。

アンテナブースターとは受信した電波を増幅する機器です。

増幅器とも呼ばれます。電波の受信状態が悪い場合、多数のテレビに分配させている場合など、電波が弱く映りが悪いのを改善させるのに使います。

混合器とはアンテナからの出ている複数のケーブルを、1本のケーブルにまとめるための機器です。

地デジだけではなく、地上アナログ放送・衛星放送なども見たい場合に用います。

工事メニュー

現在使用しているアンテナマストに地デジアンテナ(UHFアンテナ)を取り付けます。

地上デジタルテレビ放送に対応したUHFアンテナを設置します。

アンテナマストを新規で取り付けます。

地デジテレビとアナログテレビ用のアンテナを設置します。

アンテナマストを新規で取り付けます。

ページのTOPへ